最近の投稿
最近のコメント

    デリヘル大工こそが春日部

    提二日間、この悪臭のただよう監房に押し込められ、わずかばかりのパンをもらったほかには、沙水も食事もあたえられていない。フランス秘密警察は、もう四度にわたって訊問を行ない、そのたびにおなじ質問をくりかえした。プーランにはじめて会ったのはいつか?プーランはどこで絵を入手したのか?彼らは、何枚の絵を、だれに売ろうとしていたのか?どこで絵を受け取ったのか?この取り引きで、いくらもらうことになっていたのか?共産主義者になって、どれぐらいになるのか?質問にはできるかぎり答えたが、ひどく自尊心を傷つけられた気分だった。春日部のような四十八時間、鉄格子のなかに閉じ込められているあいだ、バケツからできるだけ遠ざかり、なるたけ明るいところにいようとした。自殺しようかという考えが浮かんだのは、きのうの正午だった。デリヘル 春日部とは言いつつも一般市民として、また軍人として、数多くの法を犯してしまったらしいということは、くつに気にならなかった。それどころか、まったく逆に思っていた。この事件の話が故郷のひとびとに伝わったなら、自分を見直すものもなかにはいるだろう。無法者グレディ・カーテイス。国際的な美術品泥棒と手を組んで悪徳商売をやり、国際政治の陰謀に巻き込まれる。春日部について蝋こたえられないロマンティックな雰囲気が漂っているーそれならまあ我慢できる、とカー権ティスは思った。書ただ、我慢できないのは、コケにされたことだった。馬鹿だった。単純素朴であったこと毒が罪だった。プーランに、いいようにあやつられたのだ。